無料ETCカード
当サイトは以下の会社と正式提携しておりますので
許可を得て画像などを掲載しております。
ETCカードを作るときに気を付けないとETCカードの年会費は無料だけど
クレジットカードは初年度だけ年会費無料というところがけっこうあります。

下に紹介するカードならクレジット、ETCカート共に年会費無料です。
NICOS VIASOカード
年会費無料
VIASOカードなら、ETC共に年会費無料になります
VIASO
OMC-ETCカード
年会費永年無料。Jiyu!da!カードと申し込めばクレジットの年会費も無料
OMCカードのポイントと合算して商品と交換可能。
ただいま利用金額5000円以上の方に抽選で豪華賞品プレゼント。
株式会社オーエムシーカード
出光カード まいどプラス
年会費無料 いつでもガソリン2円・1L引き。入会後1ヶ月間は5円引き 。
利用金額1000円ごとに5ポイント加算!溜まったポイントで好きなプレゼントと交換できます。
西友・LIVINでのお買い物が毎月5・20日は5%OFF
★出光カードまいどプラス★ 年間費永久無料!ガソリン割引など特典満載
昭和シェルのスターレックスカードの年会費が必要になりますがガソリン代が安くなります
昭和シェル スターレックスカード
初年度年会費無料
使えば使うほどガソリン代が安くなる(最高でハイオク10円/L引き
ハイオク10円/L引き レギュラー・軽油5円/L引き

ETCを自家用と仕事用で使う場合

ETCってすごく便利なのですが領収書をもらえないので
不便って思っている方も多いのではないでしょうか?

たとえば
自家用車にETCをつけていて仕事でもその車を使う場合に
領収書が必要ってときありますよね。


そんな場合はどうすればいいのか

まず
高速道路の入口ではいつものようにETCレーンをノンストップで
通過します。

そして、高速道路の出口でETCのレーンではなくて
係員のいるところでETCカードをETCの車載器から抜き出して
係員に渡せばいいです。

そうすれば、領収書が発行されます。


もうひとつ、インターネットでも利用証明書を発行することが
可能です。ただし過去62日間。

車両番号とECTカード番号、利用年月日を入れれば
インターネットでETC利用証明書発行ができます。


ETC車載器一覧



犯罪が多発しているそうです

最近よくニュースでも耳にすることになりましたが
ETCをお金を払わずに突破するという犯罪がすごく多いそうです。
なんと年間90万件以上だとか。

運送会社では高速料金を給料から差し引くといったところが
あるそうです。
そんなことをするからそういうことが減らないんですよね。

阪神高速と首都高だけでも年間4億円以上の被害なんです。

みんなETCのバーが柔らかいものだと知っていて車もキズが付かないとわかっている
から突破するのでしょう。
固くすると誤作動やカード入れ忘れの人の人まで車にキズがついちゃいますけど。



そして、すごく悪質な手口があるそうです(決してマネはしないように!)
それは途中でチケットを交換するそうです。

キセル行為ですね。

さらに新たな手口として
ETCの車載器ごと車同士で交換するというのです。

さらにさらに、車載器は同じ車両情報で何台も買うことができるというのです。
他の車になりすました不正通行もできることになります。
大型トラックなのに情報は普通車とかになりすませます。

ETCカードはどの車にも使えますが、ETC車載器はその車にしか使えません。


ガソリン代も上がってきてるしダメだと思いながらやっている人もいるみたいですが
通行料金を給料から差し引くという会社がいけないと思います。
社長みずからETC突破の見本を見せていたっていうから驚きです(逮捕されました)。


ちなみに、逮捕されれば追徴金に罰金、さらに懲役10年以下です。
犯罪は犯罪です。罰金は30万円以下。
そんな気がなくて、うっかりミスで突破してしまった場合でも追徴金を課せられる場合も
あるので注意してください。

間違った場合は安全な場所に車を止めて、料金所の職員に声を掛けましょう。

ETCについて

2006年12月2日に、ETC車載器のセットアップ台数が1500万台を突破したそうです。
そしてバイクのETCも11月からサービス開始です。
そこでETCについて調べました。
今後いろいろと追加していく予定です。

現在、全国の高速道路での利用台数は約480万台/1日、平均利用率も約64%らしいです。

知らない人はあまりいないと思いますが、ここでETC(ノンストップ自動料金払いシステム)について説明します。

ETC(ETC:Electronic Toll Collection System)とは、車に設置されたETC車載器にETCカードを挿入し、高速道路などの有料道路に設置されたアンテナ
との間の無線通信により車を停止されることなく通行料金を払うシステムです。

特徴としては、国内のどこでも統一されたシステムであるということ。
有料道路っていろんな道路事業者で運営や管理されてます。また料金も同じではありませんし、
体系もばらばらです。

日本のETCシステムは全国統一規格ですのでどこでも使用できるわけです。
たとえば、アメリカでは道ごとに異なるタグの使用が必要になってくるそうです。

あと、カードに情報を記録しているので、車が変わっても利用することができます。
セキュリティーの上でも安心です。
また、ETCカードもCPU内蔵のICチップを使ったカードですので磁気テープに比べ
高いセキュリティーを持ってます。


車へのセットアップはこのマークのあるお店で行ってます。
car.bmp

ETC車載器リース制度!

平成19年1月20日より3月31日までの先着25万台を対象にリース制度を実施するそうです。
募集台数に到達、もしくは終了期日になり次第終了です。


ETCリース制度とは?
ETC車載器のリース、割賦販売、クレジット販売による経費の一部を助成することによって、ETC利用開始時における初期費用を低減し、有料道路料金支払い方法のETCへの利用転換を促進。

対象は、リース、割賦販売、クレジット販売の契約で、2年以上の期間、
かつ2回以上の支払い回数で契約をした方となります。


【三菱電機:EP-536B】 ETCリース制度対応価格・セットアップ込み!




他にもリース製品あります